消費者物価指数

ランド戦士の皆様

今週23日に南アフリカ消費者物価指数が発表されます。

南アフリカ消費者物価指数
消費者物価指数は簡単に言うと物価が1年前、1月前と比べどのくらい高いか安いかを割合で示したのものです。

ちなみに先月発表されたものは6.2%でした。要するに100円で買えたものが106円になったということです。

この指数が上がるほど、通貨の価値が下がるということです。

発表される指標は2パターンあります。
消費者物価指数(年間)・・・・1年前との比較
消費者物価指数(月間)・・・・1ヵ月前との比較


南アフリカに関しては、この数字は高いことは好ましくありません。この数字が高くなるほどインフレが進むということで、インフレを食い止めるために政策金利を上げるわけです。

ここで消費者物価指数と通貨の価値の関係が分かる面白い数字を紹介します。
この数字はShigeさまから教えて頂きました。

消費者物価指数を70という数字で割ると、通貨の価値が半分になる年数がわかります。
例えば消費差物価指数が7%とだとすると・・・・
70÷7=10   
例えばランド円が7円とすると・・・
10年でランド円3.5円になるということです。

それで今回発表される数字ですが・・・
年間比で6.5%と予想されています。
少しでも低い数字がでるといいですね。

参考までに世界の消費者物価指数を紹介します。

2014年データ(IMF)
米国1.61
中国1.98
日本2.74
英国1.46
韓国1.27
スイス-0.01
オーストラリア2.48
ニュージーランド1.22
南アフリカ6.06
ロシア7.82
トルコ8.85
中央アフリカ11.58
ウクライナ12.1
イラン15.54
スーダン36.9
ベネズエラ62.16

詳しくはこちらをご覧ください「消費者物価上昇率 国際比較統計・推移(IMF)」


主要FX会社の南アフリカランド・スワップはこちら
主要5社南アフリカランド・スワップカウンター毎日更新

1 件のコメント :

たか さんのコメント...