これだけでは何も

ランド戦士の皆様

外貨準備高とは、ざっくり簡単にいうと国が保有する外貨資産で、主に為替介入のための軍資金のことです。

外貨準備高で、自国の通貨が値が安すぎたり高すぎたりした場合、対抗手段を取ったり、他国への借金返済に使ったりするわけです。

要するにこの外貨準備高の額が国の信頼度のバロメーターで、この額が多いほど南アフリカにとっていいわけです。

それで南アフリカのポジションですが

世界の外貨準備高ランク
第1位 中国
第2位 日本
第3位 サウジアラビア
第4位 スイス
第5位 台湾
第6位 米国


第38位 南アフリカ共和国

あまりいいランクではありませんね。

詳しい数字はこちらをご覧ください「世界の外貨準備高 国別ランキング・推移(世銀)2015年7月」

これを見ると中国は桁違いパワーを持っていますね。

それで南アフリカの外貨準備高ですが・・・・

ここのところ減っているようです。
外貨準備高の適正基準は輸入額の3倍以上だそうです。

調べたところ南アフリカの年間輸入額は1219.4億ドル(2014)
3か月分は1219÷4=304.75億ドル

つまり南アフリカの外貨準備高は304.75億ドル以上あればオーケーといこになります。



戦士の皆様、明日15時、外貨準備高が発表さえれますので、注視しておいてくださいね。

予想は
南アフリカ外貨準備高
2月南アフリカ外貨準備高[Gross] 予想454.7億ドル
2月南アフリカ外貨準備高[Net]予想411.5億ドル
となっています。大王GrossとNetの違いがよくわからにのですが・・
戦士の皆様で詳しくご存知のはおられないでしょうか?


主要FX会社の南アフリカランド・スワップはこちら
主要5社南アフリカランド・スワップカウンター毎日更新

1 件のコメント :

たか さんのコメント...