7月10日10:30重要指標発表、中国消費者&生産者物価指数

ランド戦士の皆様

昨日、雇用統計の発表がありました。

内容は予想よりいい内容だったのですが、前回発表の数字が更に悪く修正され、結局、米利上げ期待が薄れドル売りという結果で今週の幕を閉じています。

USDZAR、USDJPN15分足チャート
スクリーンショット_070916_033028_PM
USDZAR、USDJPNともに発表直後はドル買い、その後ドル売りという流れになっています。

ZARJPN1時間足
スクリーンショット_070916_033421_PM
結局ZARJPNのほうは、ほぼ影響無い状況でした。

ドルに対してはランドはほぼ英国民投票前の水準に戻しています。
ただドル円が95円まで行かないと許してくれないような状況になってきていますね。
昨日も100円付近で反発していますが、これが明確に割れるようになれば恐らく95円は狩られることになりそうです。

来週はドル円が荒れるかもしれませんね。

それで、ランドほうですが・・・

明日、ビッグ指標があります。
といっても中国指標ですが・・・・・

10:30
中国6月消費者物価指数前年比
前回+2.0%   予想+1.8%


中国6月生産者物価指数前年比
前回-2.8%   予想-2.5%

これらの指標は大変重要です。
なぜなら戦士の皆様はお忘れかもしれませんが・・・
これらは1月の大暴落の引き金になった指標なのです。
その時のチャートはこちらをご覧ください。
「何が起きたの?1月11日ドルザー ランド円超大暴落」
「ランド暴落、原因は中国生産者物価指が市場予想より悪かった」

もし明日の中国指標で悪い数字が出ると、月曜のスタートは大きな窓を懸念しないといけません。

1月の大暴落も月曜の朝でした。


南アフリカランド・スワップ及び売買動向ははこちら
主要5社南アフリカランド・スワップカウンター毎日更新
南アフリカランド・くりっく365売買動向毎日更新

0 件のコメント :