本当に回避なの!?ムーディーズの格付けについて(現地メディア見解)

ランド戦士の皆様

現地メディアのムーディーズ格付け情報が入りましたの紹介します。
"
Global ratings agency Moody's placed South Africa's government debt on review for downgrade late on Friday night, but did not downgrade(格下げ回避) the debt to junk status.
The announcement was made just minutes after(数分後発表) its rival ratings agency S&P Global downgraded SA's downgraded (S&P格下げ) ~中略~
"Thus South Africa is still included in the world bond indexes," (WGBIに残った)TreasuryOne explained in a short note after the two announcements. "Moody's will see what happens with elective conference and budget in February 2018."(ムーディーズは12月のANC選と2月の予算見極める) 引用元 FIN24
"

ざっと訳すと
ムーディーズは格下げをしなかった。
発表はS&P社格下げの数分後である。
これでWGBIにまだ残っている
ムーディーズは12月のANC選挙と2月の南アフリカ予算を見極める予定である。
こんな感じになります。

とりあえず今回は回避できたのと・・
WGBIに残ったとのは大きいですね。
なんとしてもムーディーズからジャンクを喰らってはいけない理由
ムディーズ発表が市場開催中だったので、チャートにムーディーズの結果のことは・・
多少は反映されていそうですね。

ZARJPY、USDZAR5分足チャート
スクリーンショット_112517_121348_PM
今回の発表は6:10頃でした。


それから大王のところに本当に回避なの?と戦士の方から質問を頂いています。

どうもこのロイター社の見出しが、いろいろな感じに訳されてるようです。
Moody's places South Africa on review for downgrade
引用元 ロイター

この訳を・・
「ムーディーズはダウングレードの方向へ見直した。」
こう訳すと格下げへ見直すことになるのですが・・

大王的には・・
「格下げする予定を見直した(据え置いた)」と訳すのかなと思っています。

この訳は他にも
「ムーディーズ、ダウングレードの方向へ見通しを示した」
こんな感じにも訳されているようです。

戦士の皆様はこの訳どれがスッキリするとお考えですか?


主要FX会社の南アフリカランド・スワップはこちら
主要5社南アフリカランド・スワップカウンター毎日更新