希望の星、マンデラの右腕!ラマフォサ副大統領(ANC選挙の仕組み)

ランド戦士の皆様

冒頭からですが
ランド命様から12月のANC選挙の仕組みについての質問頂きましたので・・

こちらにお答えしたいと思います。

今度のANC選挙はANC(南アフリカ民族会議)という政党の党首を選ぶ選挙です。
党首は党内の互選で選ばれます。
南アフリカの大統領は日本と同じような感じで日本だと与党党首が総理大臣、南アフリカでは与党党首が大統領ということになります。
現在ANC党は圧倒的に強いですので、今回の選挙が実質的大統領選になるわけですね。

そらから元ズマがもし当選の可能性ですが・・

やはりズマ大統領といては、なんとしても元ズマを当選させたいようです。
その証拠に10月17日に反対勢力を更迭しています。
ズマ大統領、内閣改造ニュースで南アフリカランド急落

ズマ大統領としては2019年5月まで任期がありますので、この間、元ズマに党首をさせて、政権をコントールしたいとう魂胆があるわけです。

一方のラマフォサ副大統領は相当、優秀で信頼の厚い人物のようです。
"
危機感を抱くANC内の人々にとって、国家再建を託すことができる「希望の星」のような存在だ。
ラマポーザ氏は1990年代初頭には、故ネルソン・マンデラの右腕として、白人政権とのアパルトヘイト廃止交渉に当たった。民主化後は実業家に転じたが、2012年にANC副総裁として政界復帰し、2014年に発足した第2期ズマ政権で副大統領に指名された。経済センスや大衆動員力を含めて大変な実力者で、縁故主義や部族政治に関心はなく、法の支配を重んじ、白人からも黒人からも尊敬を集めている。 
引用元 幻に終わった「南アフリカ副大統領」の日本訪問
"




これからズマ大統領がいろんな手を使って元ズマを当選させるように動くことが予想されますね。
ズマの大統領のバッグには中国がついている可能性が高いようですので、このあたりも心配の種になりそうです。
以前にも中国に選挙資金が提供された疑惑があるようです。

"
ズマ政権の内情に詳しい関係者によると、南アの国内法では外国からの政治献金が規制されていないため、中国から与党・アフリカ民族会議(ANC)に選挙資金が提供されている可能性が高いという。ズマ大統領は2期目を目指した2014年5月の総選挙前、金銭スキャンダルで批判を浴び、ANCは支持率低下に苦しんでいた。だが、最終的にANCは議席を減らしたものの、6割以上の議席を確保しており、「ANCの巻き返しは中国の選挙資金のおかげ」と言われた。 引用元 幻に終わった「南アフリカ副大統領」の日本訪問
"



主要FX会社の南アフリカランド・スワップはこちら
主要5社南アフリカランド・スワップカウンター毎日更新