2018年4月26日木曜日

また困難が発生!ラマポーザ政権に賃上げ要求

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

先ほど発表された南アフリカ指標の結果です。

18:30
南アフリカ3月生産者物価指数前年比
前回+4.2%  予想+4.0%  結果+3.7%

予想以上にインフレを抑えている結果が出ています。

またこれで・・
南アフリカ中銀が利下げを検討せざるを得ない感じになりそうですね。

それからこちらの暴動に続き
マフィケング住民暴動は収束へ(マハマペロ州知事はズマ派の残党)

今度は
ラマポーザ政権の最低賃金に対し・・
不満を示した労働組合による6000人規模の抗議デモが昨日起きたようです。

この最低賃金引き上げに関して・・
市場はインフレに影響を及ぼすのではと・・
注視しているようです。

特に南アフリカでの賃上げは・・
要するに賃金を上げるということは・・
雇える人を減らす方向にバイアスが働くわけですので・・

ただでさえ高い失業率も絡んでくるわけです。
さすがに・・
市場も警戒せざるを得ませんね。

ラマポーザ大統領にとっていまの状況は・・
なかなか困難だと思われますが・・
なんとか上手く切り抜けて欲しいですね。


スポンサーリンク

2018年4月25日水曜日

南アフリカランド、4か月ぶりの安値へ(南アフリカ中銀がどう舵をとるのか)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

またランドが売られていますね。

昨日お伝えした
投資家が今のランドを安いと感じてくれるといいのですが・・
ドルザーの12.5のターゲットが現実のものとなりそうな感じになっています。

ZARJPY,USDZAR日足チャート

ドルザーでランド売りが止まらず・・
もう少しで12.5がブレイクされそうです。
この影響を受け・・
ランド円は8.75円台まで下落しています。

この要因ですが・・
一つは米国債の利回り上昇と・・
南アフリカ中銀の金融緩和に関して思惑があるようです。
※詳しくはこちらをご覧ください。

南アフリカのインフレは・・
かなり改善されていますので・・
今後、南アフリカ中銀がどう舵をとるのか・・
市場も目を光らせているのかもしれませんね。







スポンサーリンク

2018年4月24日火曜日

投資家が今のランドを安いと感じてくれるといいのですが・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

先ほど発表された南アフリカ指標の結果です。

16:00南アフリカ2月景気先行指数
前回106.1 結果108.3  改定値106.8

指標のほうは・・
前回より改善し、いい内容で発表されています。

それから昨日のランド下落ですが・・

こちらの報道によりますと・・
米10年債の金利が3%付近まで上昇したためランドに対して・・
ドル買いが進んだわけだが・・
こんな感じで指摘しています。



ZARJPY,USDZAR週足チャート

週足でみると・・
ラマポーザ政権誕生
ムーディーズ格付据え置き
以降は・・
ドルザー、ランド円ともに・・
ランド買い止まっている状況ですね。


もしランドが売られる方向に・・
進むとドルザーの次のターゲットは12.5付近になりそうです。
ランド円もドル円によっては・・
8.75円付近に近づきそうですね・

戦士の皆様
ここは何としてもロイターの指摘通り・・
投資家がランド買いにシフトしてくれるといいですね。

スポンサーリンク

2018年4月23日月曜日

マフィケング住民暴動は収束へ(マフマペロ州知事はズマ派の残党)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

マフィケングの暴動のほうは、その後収まっているようです。

住民暴動の理由であるマフマペロ知事の汚職疑惑内容ですが・・

どうも彼は元大統領ズマ派の残党のようで・・

ズマのご機嫌を取るために・・
2016年に牛50頭(150万ランド)をズマに贈っていたそうです。
現在25頭は戻されたそうですが・・
残りは不明だそうです。

なんというのでしょうか・・
南アフリカだけあって・・
賄賂の種類が牛というのは・・
なかなか味がありますね。

それで・・
早速、この件について野党EFFが公的プロテクターに調査を要請したそうです。

こういう動きになった以上・・
またズマの残党が狩られることになりそうです。
これでラマポーザの政権運営がまた少し改善されることになるかもしれませんね。
スポンサーリンク

2018年4月21日土曜日

ドル高を受けランド下落!クガニャゴ総裁利下げについて言及

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

昨日は米10年債利回り上昇を受け・・
ドルが全面高になりました。

この影響で・・
買い材料が乏しいランドを直撃する形で・・
ドルに対し売り込まれています。

情報源 FXプライム byGMO(会員限定)

ZARJPY,USDZAR日足チャート

ドル買いが進んだことで・・
11台だったドルザーが12台へ・・
9円台に回復したランド円は8円台に押し戻されています。

今、積極的にランドを買う理由が見当たらないうえ・・
今週発表された消費者物価指数の低下で・・
南アフリカ!インフレ率予想以上に低下(干ばつの影響緩和)
また南アフリカ中銀が利下げの方向に動くのではと心配されている中・・

南アフリカ中銀クガニャゴ総裁が・・

このインフレ率低下について・・
今後、物価の上昇が加速すると予測しておりインフレ低下は間もなく終わると予想しているため・・
利下げは確定事項ではないと警告したようです。


さらに政治によって信頼を取り戻すと述べたようです。

情報源 FXプライム byGMO(会員限定)


南アフリカでは政治的な問題が多いようです。
先日はマフィケング州知事への不満による暴動が起き・・
英国を訪問していたラマポーザ大統領が緊急帰国しています。

期待され誕生したラマポーザ政権ですが・・・
その行く手は困難が多いようですね。

スポンサーリンク

2018年4月18日水曜日

南アフリカ!インフレ率予想以上に低下(干ばつの影響緩和)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

先ほど発表された南アフリカ指標の結果です。

17:00南アフリカ3月消費者物価指数前年比
前回+4.0%  予想+4.1%  結果+3.8%

予想を上回って・・
インフレを抑えているようです。

市場のほうは・・
前回の4.0%より高くなると予想していたところ・・
予想より低い3.8%という結果を受け・・

ランド買いで反応しています。
ZARJPY,USDZAR1時間足チャート

ドルザーでランドが買われ12を割り込み・・
ランド円は8.95円台まで上昇しました。


干ばつの影響が収まり10年ぶりに・・
食料価格を下げることができたようです。

チャートを見る限りは・・
市場はインフレを抑えていることを評価しているようですね。

ただこれで・・
次の南アフリカ政策金利で利下げ方向へ力が働きそうですが・・

南アフリカにとって・・
物価が上がることは非常に良くないことですので・・
今回の結果は、南アフリカ経済にとっていいことになりそうですね。

スポンサーリンク

ラマポーザ大統領!海外から資金調達

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


ラマポーザ大統領が南アフリカ経済発展ために・・
海外から融資を募る動きを始めたようです。
1000億ドルの調達を目標に・・
これから欧州、アジア、アフリカを訪問する予定だそうです。

それで早速
ロンドンで英首相と会談し・・
500万ポンドの資金調達に成功したようです。

さらに英国は南アフリカの国家開発計画を支援すると述べており・・
英国との関係強化が期待できそうです。


最後ですが・・
本日、南アフリカ消費者物価指数が発表されます。
17時予定です。
あまり大きく動くことはないと思いますが・・
念のためご注意されてください。

スポンサーリンク

2018年4月16日月曜日

南アフリカランド影響無し!トランプのシリア攻撃(市場はランドの材料探し)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


心配されたトランプによるシリア攻撃ですが・・

南アフリカランドにはほとんど影響を及ぼすことはありませんでした。

今のところ・・
売られることもなく
買われることもない状況です。

ZARJPY,USDZAR4時間足チャート

週明けスタートから
ドルザーは12.0~12.9付近
ランド円は8.83~8.9付近で推移しています。

市場の反応は・・
材料が見つからず方向模索中という感じでしょうか・・

南アフリカ絡みでは材料が出にくい状況ですので・・

今後はドル円の動き・・
そして中国絡みの動きのほうに・・
一旦ベクトルを向けたほうが良さそうですね。

まずは明日、中国GDPが発表されます。
そして注目の日米首脳会談も明日から始まりますので・・
こちらのほうに注目していきたいですね。
スポンサーリンク

2018年4月14日土曜日

米シリア攻撃によるランド円の影響は?(2017年4月の攻撃時、ランド円は10銭程度下落)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

トランプ大統領によるシリア攻撃で・・・・

ランドも影響を受けるのではと・・

心配されている戦士の方もいるようです。


それで、大王のほうで・・

2017年4月7日トランプ大統領がシリアにトマホーク59発を・・
撃ち込んだ時のランドのチャートを調べてみました。

USDZAR,USDJPY4時間足チャート

この時
ドル円は110.9から110.1円付近まで下落したのですが・・
ドルザーは、ほとんど反応していませんでした。

結果ランド円は・・
ZARJPY4時間足チャート

ドル円の影響を受け・・
10銭程度下落しているようです。

前回の時は・・
あまり影響はないようでした。

ですので、今回も
ドル円がどれくらい影響を受けるかわかりませんが・・
ドルザーへの影響は、大きくないのではと・・
大王は思っていまが・・

戦士の皆様は・・
いかがお考えですか?

ちなみにシリアの隣国トルコは・・
この時40銭程度下落しています。
米国遂に直接攻撃、1発1.5億円をシリアに59発!トルコ支援表明

スポンサーリンク

2018年4月11日水曜日

世界銀行!南アフリカにとって厳しい成長予測を発表・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

昨夜発表された南アフリカ指標の結果です。

20:00南アフリカ2月製造業生産前年比
前回+2.5%  予想+2.1%  結果0.6%

こちらの指標はラマポーザ政権の運営が反映される初の指標とあって・・
注目されていたのですが・・
残念ながら悪い結果となっています。


さして、さらに残念なニュースが流れています。

世界銀行が南アフリカの成長予測を出しました。
2018年の予測を1.1から1.4%に引き上げ・・
2019年は1.8%・・
2020年は1.9%・・
と予測され、貧困削減や失業率を低下させるには・・
この成長では十分でないとしています。

世界銀行のこの予測は・・
S&P社の予測よりも、厳しい予測となっています。
S&P社見解!ジャンクから脱出はまだ厳しい
S&P社は2018年の成長予測を2.1%としており・・
この数字では足りないと見解を示していたのですが・・

今回の世界銀行の予測はさらに下回っていて・・
南アフリカにとって厳しい警告となりそうです。
最後ですが
本日、南アフリカと関係の深い中国の消費者物価指数が発表されます。
こちら市場から注目されているようですので・・
念のためご注意されてください。
10:30発表予定です。

スポンサーリンク

2018年4月9日月曜日

南アフリカランド円急落!人民元切り下げ報道を受け・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

衝撃のニュースが飛び込んできました。

なんと中国が米中貿易戦争の対抗措置として・・
人民元切り下げ検討していると報道されています。

人民元切り下げとは・・
簡単に言うと人民元の価値を下げることです。
米による関税措置で不利になった輸出を通貨安で・・
対抗しようという感じでしょうか。

この人民元切り下げ報道により資源国が全般的に売り込まれています。

ランドのほうは・・
ZARJPY,USDZAR1時間足チャート

ドルザーでランドが売られ12.15付近まで上昇し
ランド円は8.81円台まで下落しました。

本格的に切り下げが行われると・・
こんなものでは許されないことになりそうです。


ちなみに2015年8月に人民元切り下げが実施されたときは・・

ZARJPY週足チャート

ランド円は4週間で・・
9.8円台から8.4円台に下落しています。

戦士の皆様
人民元切り下げ問題は・・
かなり警戒する必要がありそうです。
今後流れるニュースのほうにご注意されるようお願いします。



スポンサーリンク

ズマ残党によるラマポーザ追放の動き(ESKOMの不正問題調査開始)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ランドの週明けは・・
大きな動くことなくスタートしています。

これから市場はラマポーザ政権の運営を見極めていこうとしているわけですが・・

ラマポーザ政権の中にも、ズマの残党が・・
うようよ居るようで・・
来年の選挙でラマポーザ追放の計画を立てているようです。

こういうのは上手くいかないでしょうが・・
ラマポーザの政権運営の足を引っ張りそうですね。
(政治的に決定したいことを邪魔さるとか・・)


それからのラマポーザ大統領・・
南アフリカ財政の最大リスクであるESKOM社の腐敗問題にメスをいれるようです。

ズマ時代に汚職にまみれ賄賂等で莫大な資金が動いたこの会社は・・
南アフリカ財政の圧迫しており格付会社からも懸念されています。
南アフリカ財政の足を引っ張るESKOM社が!過剰雇用問題に着手

ゴーダン大臣がこの会社の改革を進めているところ・・
今回はラマポーザ大統領が不正問題に本格的に取り組むようです。

是非、たまりにたまった膿を出し切ってもらいたいですね。




スポンサーリンク

2018年4月7日土曜日

ランド円、8.8円台まで下落(米雇用統計結果)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

昨夜の米雇用統計の結果が・・
予想より悪い結果が出たため・・

ドルが売られました。
USDZAR,USDJPY1時間足チャート
ドルザー、ドル円ともにドルが売られ・・
ドル円は107円台を割り込んでいます。
ドルザーのほうは12で反発され、割ることは出来ませんでした。

これをランド円は
ZARJPY1時間足チャート
ドルザーでドル売りによりランドが買われわけですが・・
ややドル円の影響が強く・・
週末クローズを8.8円台で迎えています。


今週はランドのほう・・
ちょっと重かったですね。
特にドルザーですが・・
USDZAR日足チャート
3月27日からランド売りが続いています。
ムーディーズの格付け維持で大きな難関を突破したことで・・
市場のほうはランド買いの材料出尽くし感が漂っている感じですね。

それから今後の米中貿易戦争問題や・・
ラマポーザ大統領の土地無償収用問題は・・
大きな懸念材料となりそうですね、




スポンサーリンク

2018年4月6日金曜日

ドルザーが12手前まで上昇!(本日米雇用統計発表)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


米中貿易戦争の懸念が後退し・・
市場ではドル買いが加速しているようです。

USDZAR,USDJPY日足チャート

先週104円台まで下落したドル円は107円台まで回復
ドルザーは南アフリカ中銀の利下げ以降・・
速報、南アフリカ3/28南ア中銀政策金利!予想通り利下げ敢行
ランドが売られ続け、12手前まで上昇しています。

中銀の総裁のランド高発言も足かせとなっている感じですね。

幸いランド円のほうは・・
ドル円の上昇で、大きな下落はしていません。
ZARJPY日足チャート


今日は注目の米雇用統計が発表されます。
こちらの内容次第では、ドル中心に動きがでますので・・
ご注意されてください。

特にドルザー12が意識されてきそうな感じですね。





スポンサーリンク

2018年4月5日木曜日

南アフリカ裁判所!鉱業憲章裁判で政府不利な判決

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

鉱業憲章問題で動きがありました。

鉱業憲章IIで・・
「鉱業会社の株式の26%以上を黒人が保有する」という規定があるのですが・・

「この割合を常に維持しろ」とする南アフリカ政府・鉱物資源省と
そして常に守るのは無理だとする鉱業会社側で裁判が行われていたのですが・・

南アフリカ裁判所は・・
割合を維持する必要はないと判決を下しました。


要するに南アフリカ政府にとって不利に状況になりました。

さすがに鉱山会社側に26%維持させるのは・・
だれがどう考えても厳しいですね。

なぜなら
株を保有している黒人が、白人に株を売ったら・・
当然割合は減少しますので・・
そのことまで会社が面倒を見るのは・・
どう考えても無理なことです。

今回裁判所は妥当な判断をしたわけですが・・
こんな要望をする南アフリカ政府もまともではなさそうですね。

今回の判決を受け・・
ラマポーザ大統領がどんな反応するか非常に興味がわきますね。
スポンサーリンク

2018年4月4日水曜日

ギガバ大臣がそろそろ退路を断たれそうです。(中国報復関税でランド下落)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ズマの残党ギガバ内務大臣が・・
以前お知らせしたこちらの問題で
まさかギガバ大臣が!南アフリカ裁判所、憲法違反を指摘
最高裁判所から憲法違反の判決を受けました。

これに対しラマポーザ大統領が懸念を表明しました。

ギガバ大臣はムーディーズからジャンクから逃れるため
いろいろと頑張ったのですが・・
市場好感!南アフリカランド急伸(ギガバ大臣予算)

これもすべて水の泡と化しそうですね。

こうなると恐らくラマポーザ大統領も、このまま彼を・・
内務大臣のポストに置くわけにはいかないはずですね。

これでまたズマの残党が消えていくことになりそうです。

それから市場のほうですが・・
ギガバ大臣のことなんかどうでもいいようで・・
中国の米国への報復関税に大きく反応しています。

こちらの報復関税によって
リスク回避の動きが起きています。

USDZAR,USDJPY1時間足チャート

ドルザーがランド売りで急上昇し・・
ドル円はドル売りで急降下しています。

ZARJPY1時間足チャート

ランド円は大きく影響を受け
8.9円台に下落しています。

この中国の報復関税に対し・・
トランプ大統領がどう反応するか・・
これもまた懸念材料になりそうです。

しばらく、関税問題は続くことになりそうですね。




スポンサーリンク

2018年4月3日火曜日

南アフリカ財政の足を引っ張るESKOM社が!過剰雇用問題に着手

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

南アフリカ財政における単一最大リスクである南アフリカ国営電力会社ESKOM社が・・
フィッチ社!ESKOM問題に懸念表明
南アフリカ財政懸念のESKOM社が格下げでデフォルト手前へ!!

経営改善に向け、まずは膨れ上がった雇用者及び人件費にメスを入れて行くそうです。

ESKOMの人件費ですが・・
10年前の雇用者数が32600人だったのが・・
昨年3月に47600人に膨れているそうです。

そのぶん人件費も膨らんでいるのですが・・
この人件費は世界銀行の調査によると・・
アフリカ大陸の35か国と比較して・・
2倍以上南アフリカは給与を払っているそうで・・
66%の過剰雇用となっているそうです。

これからESKOM社はこの過剰雇用問題に本格的に取り組んで行くそうです。

ESKOMはつい最近、ムーディーズから格下をされており・・
厳しい状況に直面している状況で・・

ラマポーザ大統領は2月にゴーダン氏をESKOM社の監督を行わせるために・・
公共企業大臣に任命しています。

ゴーダン大臣は4月までにESKOM常任執行委員会の任命をされるべきだと述べているようです。

ただ雇用問題ですが・・
簡単に人員削減とはいかないようです。
なにせ南アフリカは失業率が26.7%と凄く高いですので・・
組合が大きく反対しているようです。

この問題も鉱山問題や土地無償返還問題と並び・・
ラマポーザ大統領を大きく揺さぶることになりそうですね。




スポンサーリンク

外為どっとコム・タイアップ中

「地獄の日々」経由の新規口座開設+お取引で、もれなく「3,000円」キャッシュバック!