外為どっとコム・タイアップ中

「地獄の日々」経由の新規口座開設+お取引で、もれなく「3,000円」キャッシュバック!

2016年6月26日日曜日

激戦を終えたランド戦士の状況

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

激動の英国民投票がようやく幕を閉じましたね。

まずはランド戦士の皆様の状況ですが・・・

��65取引建玉状況
スクリーンショット_062616_071723_AM

取引数量がかなり多いですので、かなり売買が行われた模様です。
大王のほうは運よく金曜の朝、利が乗っているポジを全部利確し、落ちたところ買うことができランドに関しては無傷で乗り越えることが出来ました。

建玉数量を見るかぎり、あまり玉が減っていませんね。
大きく前回最安値を割ることが無かったので、今回、被害のほうが少なかったかもしません。

トルコのほうの建玉をみると明らかにロスカットされた方が多いことがお分かりだと思います。
詳しくはこちらをご覧下さい。
「EU離脱におけるトルコ円建玉状況」

ただ、今回はまさかの離脱ということが起きました。
本当相場は何が起きるか分かりませんね。

トルコのほうでも書いたのですが、ただ生き延びるではダメなんですね。
やはり投資する以上、儲けないと意味がありません。

今後の展開としてはドル高、円高の流れが予想されています。
このパターンはクロス円にとって最悪です。

ランドはこれから年末にかけて、ジャンクの再審査という恐ろしいイベントが待っています。それまでに、何らかの手段を今のうちから考えたほうがいいことは間違いありあませんね。

直前に慌てても何も出来ません。

とりあえず、戦士の皆様、ご自身のポジが5円台にいった場合をシミュレーションされてはいかがでしょうか。
それだけでも勉強になると思います。

追伸、ミャンマーさま
コメントありがとうごいます。まさに天国から地獄という一日でしたね。ミャンマーさまがご無事であるといいのですが。

札幌市民さま
羨ましいです。札幌さまのようなトレードが理想ですね。ドカンと落ちたところを拾うという・・・・・
私自身このままでは持たないと思い始めていますので、是非今後とも参考にさせて下さい。

スポンサーリンク

2016年6月24日金曜日

こみ上げる笑いをこらえるのに必死です。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

まずは、「おめとうございます」と言っていいでしょうか。
やはり結果がまだ出ていませんし、ぬか喜びになると恥ずかしいので・・・・
この言葉は午後に持ち越しということでよろしくお願いします。

まずはチャートですが・・・
ドルザードル円日足チャート
スクリーンショット_062416_065831_AM
ドルザーでランド買い
ドル円でドル買いという最高の組合せです。
ドルザーは14、ドル円は110が見えてきました。

もしこの組合せが実現すると・・・
ランド円=110÷14=7.85円です。

ランド円日足チャート
スクリーンショット_062416_070644_AM
ランド円のほうですが、約70銭ぐらい底上げしています。
ターゲットの7.85まで来てくれると大王は生還できそうです。

このチャートを見て・・・・
こみ上げる笑いをこらえるのに必死です。

ここで、「やっぱり離脱でした」とかなりませんよね!!!

マジにそれだけは勘弁してほしいです。

どんでん返しを幾度となく喰らった大王ですので、今回は結果がでるまで、デカいことは言いません。

こみ上げる笑いも押し殺します。

ジェントルマン英国民に乾杯!!!

スポンサーリンク

こみ上げる涙をこらえるのに必死です

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

朝、「こみ上げる笑いをこらえるのに必死です」と書いたことを悔やむ大王です。

10:30現在、こみ上げる涙をこらえるのに必死です。

現在、情報が錯綜しているようですが、サンダーランド地域の離脱という結果を受け乱高下が起きています。

まず主役のポンド円ですが・・・
ポンド円1時間足
スクリーンショット_062416_104404_AM
約14円ぐらい上下に振っています。
やはり世紀の一戦だけあけって凄まじいですね。

われらランドですが・・・
ランド円1時間足
スクリーンショット_062416_104831_AM
7.5円付近まで昇っていたのですが、一旦7円を割らされました。

戦士の皆様、やはり結果がでるまでは、何もわからないですね。

朝デカい口を叩いてしまった大王でした。
朝のデカい口はこちらをご覧ください。
「こみ上げる笑いをこらえるのに必死です。」

スポンサーリンク

そして大どんでん返しを喰らうという結果

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ほぼ離脱が決定した模様です。

激しいクラッシュが起きましたが、戦士の皆様ご無事でしょうか。

流石に1円の下げは苦しかったですね。

こういっては何ですが、ランド円ほうはこのクラッシュの中で、かなり踏ん張ってれたのではないかなと思っています。

ドルザーが16を死守したおかげで・・・・

最安値を少し更新という程度で耐えてくれました。

大王自身最悪5円台もありかなと思っていましたので・・・

おそらく前回の最安値6.5円台を耐え抜いた戦士は、今回も生還されているのではないでしょうか。

トルコ戦士はランド戦士以上に苦しかった模様です。

ドルザードル円日足チャート
スクリーンショット_062416_013502_PM

ドルザーのほうは約1ZAR、ドル円ほうは約7円動きましたね。
1ZARということは1ランド円が6.5円なので・・・1ドルに対して約6.5円動いたことになります。

そしてランド円のほうですが
ランド円日足チャート
スクリーンショット_062416_013954_PM
約1円下落しています。

とりあえず、市場のほうが材料出尽くしということで・・・
これで勘弁してくれたらいいですね。

今回も見事に大どんでん返しを喰らいました。

朝、こんな記事を書いて顔から火がでるほど恥ずかしい大王でした。

「こみ上げる笑いをこらえるのに必死です」

「こみ上げる涙をこらえるのに必死です」

スポンサーリンク

2016年6月20日月曜日

どうも英国世論調査では残留派の勢いが増しているようです。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

どうも英国世論調査では残留派の勢いが増しているようです。

これを受け、ランド円上窓でスタートとなりました。

国民投票が終わるまで、こういった調査や予想でチャート動く週となりそうですね。

とりあえず、残留という結果が出れば、ランド円は上昇するということはこれではっきりしましたね。

ドルザー、ドル円15分足
スクリーンショット_062016_073025_AM
ドルザーでは、先週からドルに対してランドが買われいたので、それほど大きな窓とはなりませんでしたが・・・
ドル円は反転しての上窓で結構大きな窓となりました。

現在ランドは6.9円台にいます。
是非、7円台に乗せて欲しいですね。

参考になるか分かりませんが、スイス円20円以上動いたスイスフランショックのときのランド円の状況をしばらく載せておきます。
興味のある方はこちらをご覧ください。
「スイスフランショック時のランド円の状況を調べてみました」

スポンサーリンク

地獄の下げを耐え抜いたランド戦士の皆様

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

こんばんは

ランド円現在7円台前後まで浮上しています。

EU離脱懸念が後退しているという英世論調査を受けて、朝から盛り返していますね。

365建玉を見る限り、今回の下げでロスカットを喰らった戦士は少ないようです。
詳しくこちらをご覧下さい。
2016年6月16日の南ア取引建玉数量を調べて見ました

とりあえず、今はEU残留を祈るしかありませんね。

チャートのほうですが

ドルザー、ドル円日足チャート
スクリーンショット_062016_062029_PM

このままEU残留の流れでいってくれますと
ドルザー14.63
ドル円105を超えれば107.3という感じでしょうか。

希望を打ち砕かれるのが大王の人生のセオリーですが・・・・

今回は、あえて不死鳥的な予想をさせて下さい。
EU残留決定の場合
ランド円=107.3÷14.63=7.34円です。

残留した場合は最低、これぐらいいってくれると思うのでうが戦士の皆様いかがでしょうか。

好きな女の子には見向きもされなかった大王でした。

スポンサーリンク

2016年6月19日日曜日

2016年6月16日の南ア取引建玉数量を調べて見ました。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様
先日お伝えしたとおり、ドル円の下落に伴いランド円のほうも下落している状況です。

かろうじて、最安値更新は防いでいますが油断できない状況にあります。

ランド戦士の皆様の取引状況をお知らせしたいと思います。

スクリーンショット_061916_102522_AM

くりっく365の取引建玉数を見てみますと・・・
6月の最高値7.295円、最安値6.67円
その差は7.295-6.67=0.625円となります。
下落パーセントは約8.5%となります。

こうみると結構下げていますね。
ただこの下げにもかかわらず、建玉数はあまり変化していません。
ただ6.67円をつけたときには取引数量が多いのでロスカット数と新規ポジ数が多かったのかなと思います。

ランド円が下げるのを狙って買う方もかなり多いのかもしれませんね。

このあたりは亀三さまが解説されていますので紹介します。

引用元 豪傑亀三さまブログ 「らんちゃんにフラれた」
"
[引用はじめ]

ランドのスワップには魔力のようなものがあり、リスクよりもスワポの魅力の方が上回るんですよね・・・・。
ただ、これは考えようによってはマイナスでも構わないというスタンスの人も存在するんです。レバレッジ1倍で定期預金より良い利息がもらえるんで評価損は気にしない人種がいます。潤沢な資金とどんな状況においてもナンピンを続けている投資家が存在するんです。

そこにお金を置いておけば黙ってもお金が返ってくるって思いながら、毎日のスワポで生活する人種です。これはマンション投資と同じような感覚で、1億円の賃貸マンションで年間賃料を1千万円得るマンション投資に似ているんですよねw
マンション投資で土地建物の評価はそこまで重要視されないんですwどちらかといえば賃料収入の方が重要です。FXで言うところのスワポにあたるw

1億円有ったらお腹いっぱいランドを買いたいですねw14,285,714ランド買えますよ?1,428万通貨として一日当たりスワポ収入18,564円の収入になります。30日で556,920円です。
サラリーマンの給料でいうと高給取りですね年収660万程度です。

[引用終わり]
"

ランドが根強い人気があるのは、こういった部分がかなりあると思います。

追伸、亀三さま
コメント頂きありがとうございます。
5円台突入ないこと祈っていますが、今の状況はどんな動きになるのか、予想が難しすぎますね。
亀三さまブログいつも拝見し参考にさせて頂いていおります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。



参考になるか分かりませんが、スイス円20円以上動いたスイスフランショックのときのランド円の状況をしばらく載せておきます。
興味のある方はこちらをご覧ください。
「スイスフランショック時のランド円の状況を調べてみました」

スポンサーリンク

2016年6月18日土曜日

現地点でのチャートでEU離脱の場合のランド円を予想してみました。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

地獄の1週間がようやく幕を閉じました。

来週、火炎放射を浴びるような地獄になるのか、それとも乾いた大地に優しい雨が降り注ぐのか・・・・

結果は誰にも分かりません。



それでランド円ほうですが、最安値更新はありませんでした。トルコ円のほうは最安値更新させられたわけですが、ランド円は踏みとどまっています。

ドルザーでランドがかなり頑張っているおかげですね。

ドルザードル円週足チャート
スクリーンショット_061816_104915_AM
現在、ドルザーのほうでややドル売りという感じですが、やはり離脱懸念があるので、結果が出るまではドル買い方向が優勢かなと思います。
離脱となった場合は16を突破して17付近は覚悟が必要かもしれません。

それから、ドル円は国民投票に関係なく100円を目指しそうです。
ここまでくると世界のプレイヤーは100円のストップロスを狙ってくるはずですね。
これにより英国民投票と100円台のストップロス狙いが重なるという余計破壊力が増す最悪の展開になりそうです。

ただ主要中銀の協調介入という情報もありますので、英国民投票とあわせて警戒合戦が繰り広げられそうですね。

EU離脱だった場合・・・
現地点のチャートで予想できるランド円は
ドルザー17、ドル円100円という組合せでしょうか。
ランド円=100÷17=5.88

ちょっと流石にこれはきついですね。

国民投票直前にドルザーが14台にいてくれたらいいのですが・・・・

とにかく、今回は予想が難しいですね。
とくにドル円でどれほど動くのか・・・
100円割れストップロスとEU離脱決定が重なったりすると95円割れも最悪起こりそうですね。

前例がないEU離脱問題だけに、プロの方でも予想が難しいようです。

参考になるか分かりませんが、スイス円20円以上動いたスイスフランショックのときのランド円の状況をしばらく載せておきます。
興味のある方はこちらをご覧ください。
「スイスフランショック時のランド円の状況を調べてみました」

スポンサーリンク

2016年6月17日金曜日

ランド円の売買動向をお知らせします。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ランド円のほうでうが、かろうじて最安値更新は死守してくれています。

先日ポンドの売買動向をお知らせしたので・・・

今日はランド円の売買動向をお知らせします。
スクリーンショット_061716_072430_AM
若干ですが売りポジが増えて、買いポジが減少しています。

ポンド円のほうは買いポジ増加だったのでが、ランドでは逆になっていますね。

警戒ムードが日に日に増しているということでしょうか。

スポンサーリンク

2016年6月15日水曜日

本日、南アフリカ小売売上高(チャート分析)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

英国EU離脱懸念の影響が日に日に強くなっていますね。
しばらくドル買い、円買い傾向が続きそうですね。

できれば国民投票時にランド円7円台で挑みたいのですが、甘いでしょうか。

今日は昨日に引き続き軽くスルーされるであろうランド指標があります。
念のため記録だけは大王ほうで押さえて置きます。

20:00
南アフリカ小売売上高前年比
前回+2.8   予想+2.5
どんな指標でもジャンクを避けるため少しでもいい数字が出て欲しいものです。

それから深夜3時にFOMC議事録があります。
こちらはトルコのほうにも書いたのですが、据え置きはほぼ確定で、内容に注目が集まっています、強きなのか弱気なのか・・・

どちらにしろ、ドルが反応しますので、注意は必要です。

最後にチャート分析
ドルザードル円日足チャート
スクリーンショット_061516_071134_AM
このままドル買い円買いが続くようであれば・・
ドルザーが再び16、そしてドル円が105を割り100円という流れですね。

これが現実のものになったとして・・・
ランド円=100÷16=6.25円
6円台はキープ出来そうです。

問題なのはどのあたりで英国民投票を迎え撃つかです。6.25円とかで迎えるのは避けて欲しいのですが、こればかりは誰にも分かりません。

今は我慢するしかないですね。

スポンサーリンク

スイスフランショック時のランド円の状況を調べて見ました。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

EU離脱を問う英国の国民投票が迫ってきましたね。

今回の一番の問題は前例がないということです。

近年、一番この状況に近いのがユーロ絡みということで、スイスフランショックじゃないかなと大王は思っています。

それである戦士の方から、トルコのほうでスイスフランショックの時の動きを調べているなら、ランドでも調べないとダメだろとお叱りを頂きましたので・・・
早速ですが、調べてみました。

スイスショックの時、スイス円は

スイス円日足チャート
スクリーンショット_061516_065826_PM
この時は114円から139円までと約25円動いています。

その時のチャートですが・・・・
ドル円日足チャート
スクリーンショット_061516_070418_PM
スイス円が25円動いても約2円ぐらいの動きです。

ドルザー日足チャート
スクリーンショット_061516_070936_PM
ドルザーのほうはわずか0.13ZARの動きです。

ランド円日足チャート
スクリーンショット_061516_071714_PM
我々戦士が一番気になるランド円は約25銭の下落でした。

スイスフランが約25円動いた場合、ランドは25銭動いたという感じです。

ですから、ポンドが30円動いてもランドはどれだけ動いたとしても

��0銭以内で収まるのじゃないのかと思っていますが・・・

戦士の皆様がいかが予想されていますでしょうか。

スイスとイギリスでは比較にならないかもしれませんが、そんなにビビることもないんじゃねーと。
大王は高を括っています。

スポンサーリンク

2016年6月14日火曜日

本日、南アフリカ経常収支発表(市場はEU離脱一色)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

厳しい戦いが続きますね。

現在ランド円のほう7円台を割り込んでいます。

今日、南アフリカ指標がありますが、恐らくスルーされるでしょう。
市場はEU離脱懸念でランドごときに構う暇ないはずです。

記録のため大王ほうで監視しておきます。

17時発表
第1四半期経常収支
前回-2080億ZAR   予想-1680億ZAR

それで、英国のEU離脱問題ですが・・・

大王自身、この問題がクローズしはじめたころ、EU離脱はまずないだろうと高を括っていたのですが・・・・

離脱派の勢いがここまで増すとは思ってもいませんでした。

いろいろなニュースを見る限りかなり競っている感じです。

離脱が現実になると、円高進行は間違いなさそうですね。
6円ぐらい落ちるとうニュースもあります。
「英国民投票、EU離脱なら約6円の円高進行も」

戦士の皆様、今は自分自身の不安との戦いですね。

不安なのは自分ではありません。不安のない戦士はいないのです。

避けては通れぬ道ですので耐え抜きましょう。

スポンサーリンク

南アフリカ経常収支悪すぎに泣きそう

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

17時発表
第1四半期経常収支
前回-2080億ZAR   予想-1680億ZAR    結果-2110億ZAR
思いっきり悪い数字が出ています。

マジに勘弁してほしいですね。
GDPの悪さといい・・・

このぶんだと年末ジャンク間違い無しという感じです。

ドルザーチャート1時間足
スクリーンショット_061416_065247_PM
大きく反応はしていませんがドル買いランド売りが進んでいます。

ただランドが悪くて売られているというより、EU離脱懸念でのドル買いの影響が強いと思われます。


現在、ランド円ですが7円台を割り込んでいます。


来週の英国民投票の結果がでるまで、ランドの上昇は恐らくありえません。

来週まで辛く苦しい状況が続きますが、耐えるかしかありません。



戦士の皆様、明日も南アフリカの指標があります。

今日と同じように影響はあまりないでしょうが、レポートはしていきますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

2016年6月13日月曜日

本日11時中国指標が3つあります。念のため警戒してください。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ほぼ窓もなく静かなスタートとなっています。

今日は注目の中国指標ですね。
なにしろソロス氏が中国が転ぶことを確信して相場の世界に帰ってきたぐらいなので、今後は中国指標から目を離す訳には行きません。

11時発表
中国鉱工業生産前年比
前回6.0     予想6.0


中国小売売上高前年比
前回10.1    予想10.1


中国固定資産投資前年比
前回10.5    予想10.5

戦士の皆様、11時発表ですので、念のためチャートのほうチェックされてください。

追伸Johnさま
コメントありがとうございます。
格付け保留で上げた分は帳消しになっていますね。
先週金曜日、ランドに対してドル買いが進みましたが、ランドだけではなく、全般的にドル買いが進んでいます。
どうも7月に米利上げという期待が膨らんでいるのと、英国EU離脱警戒でドル買いが起きている模様です。

スポンサーリンク

戦士の皆様、これからが根性の見せ所です。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様
まずは11時に発表された中国指標です。

中国鉱工業生産前年比

前回6.0     予想6.0    結果6.0


中国小売売上高前年比

前回10.1    予想10.1    結果10.0


中国固定資産投資前年比

前回10.5    予想10.5   結果9.6

小売売上と固定資産投資が予想より悪かったのですが、ランドのほうにはほぼ影響ありませんでした。
とりあえず、何もなく良かったです。

ただドル円ほうで英国のEU離脱警戒の影響を受け、下落が加速しています。これを書いている現在も106円台を割り込んでいます。

この勢いをみると、下手すると明日まで105円を割り込む可能性も十分ありそうです。

チャートのほうですが・・・
ドルザー、ドル円日足チャート
スクリーンショット_061316_060751_PM
ドルザーのほうはややドル買いが強い感じですね。もう一度15.9付近を目指すのか?
ドル円のほうは105円を破ろうという勢いが出ています。
105円を割ると次は100円です。

もしこの状況が実現するとランド円は

ランド円=100÷15.9=6.28円

戦士の皆様、来週の英国民投票が終わるまでは、恐らく円買いの動きが続くと予想されます。
積極的なランド買いは起こる要素は低いですので、ある意味、正念場かもしれません。

ビビって勝負を捨てる戦士も少なからず出てくるでしょう。

しかし、こういうことは投資する以上避けて通れません。

大王は今回も一歩も引きません。ランドとトルコと心中するつもりでいます。

なぜにか生還する自信があります。

根拠はありませんが・・・・・

この状況を乗り越えたことが、今の大王の支えになっています。
詳しくはこちらからどうぞご覧ください
「ランド戦士の皆様、ド根性で乗り切りましょう。」

それでは戦士の皆様、これからが根性の見せ所です。







 

スポンサーリンク

2016年6月12日日曜日

ランド円の下落

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様
自分自身、金の亡者であるこを自負していますが、世の中には上には上がいるもので・・・・・
舛添知事には勝てないと思い知らされた大王です。

しかし、あそこまで恥も外聞もなくなりふり構わない姿を見せられとアッパレとしか言いようが無いですね。
しかも確信犯であるわけですから・・・・

これから、どんなしがみつきの姿を見せてくれるか期待したいです。

ある意味、生きるということは、どれだけ客や上司に罵倒されようと、どれだけ理不尽であろうと・・・・・
顔で笑って心で泣いて会社や属するものにしがみつかないといけない訳ですから。

そういう意味では舛添知事を鼻で笑う訳にはいかないものです。

大王自身明日は我が身かもしれないということで、気を引き締めます。

それでランドほうですが・・・
週末に一気に下落しています。

ドルザーでのランド売りが加速して7円を割り込もうという感じです。

今週ランドですが・・・・

6月13日月曜日

中国指標が3つあります。
11時発表鉱工業生産、小売売上高、固定資産投資


6月14日火曜日

南アフリカ経常収支

6月15日水曜日

南アフリカ小売販売  深夜3時FOMC

この3日は注意が必要です。

特に中国指標で変な数字が出ると一気にランド売りが起きますので用心にこしたことはありません。



戦士の皆様の耳にも、もう届いていると思いますが・・・・

世界の金の亡者、ジョージソロス氏が85歳にもなって、投資の世界にカムバックしたいようです。
なぜにこの地位も名誉もある伝説のプレイヤーが復帰するのかといういうと・・・・


"
[引用はじめ]

ソロス氏は今年1月、中国経済は危機を避けられないと発言し、中国当局から牽制(けんせい)された。中国経済の急激な悪化による世界的な株安を想定し、株の空売りを仕掛けているとみられる。引用元 産経ニュース
[引用終わり]
"


どうも中国がヤバいと予測しているようです。

ランドにとって中国は一心同体

中国が死ねばランドも死ぬという関係です。

現に1月のランド大暴落は中国の指標が悪いことによるものでした。
戦士の皆様もこの時のことはよく覚えていることと思います。
「何が起きたの?1月11日ドルザー ランド円超大暴落」
「ランド暴落、原因は中国生産者物価指が市場予想より悪かった」

戦士の皆様、伝説のプレイヤーが中国を懸念して復帰するという事態が起きた今・・・
今後は中国の指標を見落とすわけにはいけません。

大王のほうで逐一レポートしますので、よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

2016年6月11日土曜日

No title

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

折角、ジャンクを逃れ上昇ムードだったランドですが・・・

水をさすようなニュースが飛び込んできました。
引用元 産経ニュース携帯未登録回線放置で罰金 南ア企業、過激派が利用か
"
[引用はじめ]


 アフリカの携帯電話最大手MTN(南アフリカ)は10日、ナイジェリアで500万回線以上の未登録の携帯電話を遮断しなかったとして、ナイジェリア政府に罰金約17億ドル(約1800億円)を支払うことに同意したと明らかにした。

[引用終わり]
"


なんとナイジェリアに1800億円の罰金を払うらしいです。

ドル高の流れプラスにこの悪いニュースでドルザーでランド売りが加速しています。

南アフリカの株も下落しているようです。

今年12月は・・・
年末ジャンボではなく、年末ジャンクを引き寄せそうですね。

宝くじは当たりませんが、罰(ばち)はよく当たる大王でした。

スポンサーリンク

2016年6月9日木曜日

次の南アフリカ政策金利の発表は

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

こんばんは

先ほど発表された指標の速報です。

18:30
南アフリカ 鉱業生産(前年比)
前回-18.0  予想-10.1 結果-6.9

18:30
南アフリカ 金生産(前年比)
前回-7.4   結果-1.9 

20:00
南アフリカ製造業生産(前年比)
前回-2.0  予想+1.5    結果+2.9

3つともいい内容で発表されていますが・・・・

チャートのほうは無風でした。

とりあえず、予想より悪くなくて良かったです。

それにしても・・・・

ランド指標はスルーされることが多いようですね。

GDPでもたいして動きませんでしたので、反応するのは政策金利ぐらいということでしょうか。

ちなみ次の南アフリカ政策金利の発表は7月20日です。

6月7月の米利上げはほぼ無いようなので、中国でよほど悪いニュースがないかぎりはドルザーでランドが激しく売られる可能性は低そうです。
ドル円がこの辺りをキープしてくれれば、しばらく7円台を保てるんじゃないのかと思う大王でした。

スポンサーリンク

2016年6月8日水曜日

速報、2016年6月南アフリカGDP成長率

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

先ほど発表されたランド指標の速報です。

南アフリカGDP成長率(前年比)
前回0.6     予想-0.1     結果-0.2


南アフリカGDP成長率(前期比)
前回0.6     予想-0.1     結果-1.2

悪い内容で発表されています。

ドルザー5分足チャート
スクリーンショット_060816_065140_PM
発表直後はランド売りで反応し、その後戻しています。

この内容を見るとS&P社がピーチクパーチクうるさいのがよくわかる気がしますね。

さすがにマイナスはないだろうという気がしますね。

やはり、まだまだ経済発展する余地があるはずなのに、発展できていない。

こういうのは、厳しい意見だと思いますが・・・・

南アフリカ共和国は、国そして国民の努力が足りんと大王は思ってしまいます。

なぜなら我ら愛しき日本は戦争で木っ端微塵にやっつけられ、何もない状態からスタートし、ろくな資源もないのに・・・・・

そして、黄色人種うという見下&差別のハンディーを乗り越え、世界のトップトッププレイヤーとして、現在頑張っています。

未だにお隣の国々にペコペコしているのが、癪にさわりますが・・・・

南アフリカの国民はもうチト気合を入れないとダメですね。

このままでは大王を筆頭にランド戦士の皆様がロスカットされてしまいます。

お願いだからゴーダン大臣次のGDPはいい数字出してねと願う大王でした。

スポンサーリンク

2016年6月7日火曜日

2016年6月発表、南アフリカ外貨準備高

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ランド円が7.2円台に乗り気持ちいいですね。
含み損が減ると不安も減る大王です。

無駄な贅肉と含み損が減ることにこしたことはありませんね。

それから15時に発表された指標ですが・・・

南アフリカ外貨準備高Gross
前回469.6億ドル   予想462.8億ドル    結果460.8億ドル
予想より少し低い数字で発表されています。

チャート上では無風でした。

現在ランド円かなり上げてきています。

ドルザー、ドル円日足チャート
スクリーンショット_060716_075103_PM
ドルザーが15を完全に割り込み気が早すぎですが14を目指しつつあります。
ドル円のほうは予想が難しい状況ですね。
ただドルザーでのドル売り、ドル円でのドル買いはランド円にとって非常にありがたい展開ですね。

この状況が続き、いい流れで明日の南アフリカGDP成長率に挑みたいものです。

スポンサーリンク

2016年6月6日月曜日

ランド安

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

おはようございます。

久々にぐっすり眠れた大王です。

トルコのほうにも書いたのですが、イスラム圏はラマダンという行事が今日からスタートします。
約1か月行わるようですが・・・

なんと我ら南アフリカで、この期間にテロの恐れがあると米大使館が警告を出しています。

南アの米大使館がテロ警告 独では3人拘束

写真を見るとヨハネスの周りはまだまだ発展途上が伺えますね。田舎感がよく出ています。

折角のドルザーでのランド買いの流れをかえて欲しくないのですが・・・・・

こういうニュースが流れるとやはり市場はランドを買うのを控えそうですね。

ドルザー、ドル円日足チャート
スクリーンショット_060616_070416_AM
チャートだけで見ると・・・
ドルザーが15にトライ
ドル円が105にトライ
そういう感じですね。
これが実現すると
ランド円=105÷15=7円

例えドル円が105円になってもドルザーで15を割ってくれると7円台付近はキープしてくれそうです。

「ラマダンの期間、どうか何事も起きないでね」と困った時にだけ神に祈る大王でした。

スポンサーリンク

2016年6月5日日曜日

南アフリカGDPについて(低いようなら次はジャンクという件)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

S&P社の格付けがジャンクでなく安心ているところですが・・・

なんでもこのまま、南アフリカのGDPが低い状況が続くようであれば、次はジャンクに入れると突きつけられているようです。


そこで南アフリカのGDPについて調べてみました。

GDPとは

国内で生み出された付加価値の合計金額です。要するに儲けた額の合計ということです。
この数字で経済の規模が分かる訳ですね。

GDPを国民の数で割ったものが、一人当たりのGDPとなります。

それで現在の南アフリカのGDP状況ですが・・・・
2016年1月調べ
実質GDP国別ランク(単位ドル)

1 米国 14,682,739
2 中国 5,320,232
3 日本 4,780,944
4 ドイツ  3,226,726
5 イギリ 2,676,520
6 フランス 2,361,317
7 イタリア 1,745,045
8 インド 1,572,967
9 カナダ  1,359,773
10 韓国  1,238,695
11 ブラジル 1,206,080
12 スペイン 1,172,137
13 メキシコ 1,066,952
14 ロシア 999,832
15 オーストラリア 975,012
16 オランダ 730,806
17 トルコ 673,129
18 台湾 526,476 3
19 インドネシア 502,242
20 スイス 485,647
21 サウジアラビア 462,015
22 スウェーデン 446,367
23 ベルギー 428,908
24 ポーランド 427,741
25 オーストリア 349,907
26 ノルウェー 346,217
27 アルゼンチン 332,482
28 南アフリカ 328,738
数字で見ると南アフリカは28位です。日本の10分の1以下の規模ですね。

これが一人当たりのGDP(国民数で割る)となると
日本が26位、米国6位、中国76位、そして南アフリカが94位なったりします。




GDP成長率


南アフリカでは前年比(1年前と比べたもの)と四半期(3ヶ月前と比べたもの)が指標として発表されています。
発表のされ方としては第二四半期の発表の場合だと・・・
前年の第二四半期と比べたものが前年比
第一四半期と比べたものが前期比となります。
この指標は1年間で4回発表されます。




それで市場が注目するのは・・・・
GDP成長率です。


基本的にGDP成長率は、先進国ほどランクが下がります。
発展途上国のほうが成長率は高いです。
 
2016年4月調べ
1位エチオピア10.2%  10位ミャンマー7%   16位中国6.9%    63位トルコ3.84%
111位米国2.42%     141位南アフリカ1.28%   162位日本0.47%


日本のような国は経済が十分発展しています。
電気もガスも水道もいたるところに行き届き、発電所や港、空港とかはこれ以上いらないというぐらいあります。

要するに経済発展が飽和状態なのですね。

これに比べ発展途上国は電気やガスは行き届いておらず、発電所や空港とか、まだまだ足りません。

例えば日本の経済規模を100万円とすると頑張って102万円まで増やしても2%増です。
南アフリカの経済規模は約10分の1ですから10万円です。日本と同じよう2万円増やした場合12万円になります。
しかし成長率は20%増となる訳です。


ですから、南アフリカのような国は・・
ちょっとでも経済規模が大きくなれば成長率はドカンと上がるはずなのですね。

しかし、南アフリカは干ばつや電力問題とかで成長できていません。

この状況をS&P社はけしからんと見ている訳です。

今後は南アフリカのGDPは見落とせませんね。今まで以上に世界が注目します。

戦士の皆様、早々、6月8日に南アフリカのGDPが発表されます。
年間成長率の予想がなんと0.4%とヤバいくらい低いです(泣)

スポンサーリンク

2016年6月4日土曜日

2016年6月S&P社格付けを受けランド買い(ゴーダン大臣頑張った)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

凄ましい夜となりましたね。

まずはS&P社格付け結果です。
南ア信用格付けBBB- negative
速報をコメントで知らせてくれた戦士の方、本当にありがとうございます。おかげですぐ確認できました。

格付けは据え置きといういことです。


とにもかくにも、ジャンク入りを防げたことは大きいです。

それでは振り返ります。
2016年6月発表の雇用時計がまさか予想より悪く6月利上げが絶望的になりドル売りが巻き起きます。

そしてその後JSE(ヨハネスバルグ証券取引所)終了後発表されたS&P社、南アフリカ格付けが据え置きという結果を受け

ドルザーでドル売りランド買いが加速しました。

ドルザー4時間足チャート
スクリーンショット_060416_054045_AM
雇用統計が予想16万人増が3.8万人増という非情に悪い結果を受け一気にドル売りが起きます。
その勢いを得ながらS&P社の格付けがジャンクを免れさらに勢いを増し15.0付近までドル売りランド買いが起きました。

ちなみにS&P社のランド格付け発表時間は0:40頃でした。

もはや、ゴーダン大臣あっぱれとしか言いようがありませんね。
市場がジャンク入りは間違いないだろうという予測の中、彼だけはなんとしてもジャンク入りは防ぐと述べておられました。

戦士の皆様今日の夜はゴーダン大臣に乾杯ですね。




ドルザードル円日足チャート
スクリーンショット_060416_071027_AM
ドル円の下落にはビビりましたが、ドルザーでのランド買いがそれを補ってくれ・・・・

ランド円日足チャート
スクリーンショット_060416_071323_AM
7円台回復してくれています。

とりあえず、戦士の皆様・・・・
月曜の窓を心配しないで済むことになりましたね。

安心できる休日はありがたいものです。

スポンサーリンク

2016年6月3日金曜日

No title

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

静かな動きが続いていますね。

大王のほうもチャートをかなり頻繁に見て格付けの影響を今か今かと構えているのですが・・・

それらしき動きはありませんね。



海外ニュースを探っているのですが

それらしきものがいくつかありましたので紹介します。
こちらのニュースRating decision keeps SA on edge
"
[引用はじめ]

 The Treasury will release a statement on Friday evening after the close of the JSE, or on Saturday morning, stating its view on any revision of the present ratings.
[引用終わり]
"

南アフリカ財務省がJSE(南アフリカの証券取引所)がクローズした金曜の夜か土曜の朝に present ratings(与えらえれた格付け)に関して意見を述べると出ています。(記事の時間は南アフリカタイムでのものだと思います。)

それからこちらのニュースでは
"
[引用はじめ]


There'll be quite a negative reaction from bonds, equities and the currency come Monday morning.
It'll be quite a nasty start to the week.

[引用終わり]
"

月曜日は nasty start(胸が悪くなるほど不快なスタート)となるかもしれないと述べらています。

とりあえず、翻訳は大王によるものなので、間違っているかもしれません。その時は大王に免じて許してください。

それでは、戦士の皆様、とりあえずジャンク回避を祈りましょう。
今はそれしか出来ません。

スポンサーリンク

2016年6月2日木曜日

ゴーダン財務大臣はジャンクを回避する自信(南アフリカS&P6月3日格付け)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

いよいよ明日、審判が下される日ですね。
悪いことをした訳でもないのに、審判を下されるという・・・
S&P社を裁きたい大王です。

それでランドほうですが、製造業PMIのほう悪かったのですが、ドルが利上げしないかもと観測され、ドルザーに対してドル売りが起きドルザーでのランド売りが収まっています。
ただドル円に対してもドル売りなので、ランド円上昇とはなっていない状況です。
この辺りはクロス円取引の難しさですね。

ドルザー、ドル円日足チャート
スクリーンショット_060216_072122_AM
今日発表されるADP雇用統計等の指標が悪い内容ならば・・・
ドルザーは15を割り込み、ドル円は108円台に投入しそうですね。

それで、海外ニュースを探してみるとゴーダン財務大臣がジャンクを回避するという発言を見つけました。
引用元 Gordhan confident SA will avert downgrade to junk status on Friday(金曜のジャンクは回避出来るだろう)
"
[引用はじめ]


 THE government has done enough to prevent SA’s credit rating from being downgraded to junk by Standard and Poor’s (S&P) and Fitch on Friday, Finance Minister Pravin Gordhan says.

[引用終わり]"

enough to prevent (十分防げる)と書いています。

ゴーダン大臣いろいろ頑張っているようですね。
是非なんとかしてもらいです。

しかし、南アフリカ銀行のチーフは最悪を予想しているようなので・・・・


どっちが正しいのでしょうか。
戦士の皆様はいかがお考えですか。

スポンサーリンク

今一番気になるのは6月3日のS&P社の格付け発表時間です。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

今一番気になるのは明日のS&P社の格付け発表時間ですよね。

大王も懸命に探っているのですが・・・・

見つかりません。

どこかの親切な戦士の皆様、もし情報あれば教えて頂けないでしょうか?と切に願う大王です。

ここにきて、ゴーダン大臣はジャンク入りは防ぐという頼もしい発言もしてくれていますし、蓋を開けてみないとどうなるかマジに分かりませんね。
大王は格下げなければランドかなり買われるんじゃないかと期待しています。
なぜなら、格付け発表前にも関わらずドルザーでランド買いが強まっているからです。
米利上げ問題も絡んでのことでしょうが・・・
確かに今、ドルザーでランドが買われています。

ドルザー日足チャート
スクリーンショット_060216_061403_PM
15.5のラインを割り込もうとしています。

今日のADP雇用で是非15.5を割り込んでもらい、そして明日の審判に挑みたいですね。

あとのことはゴーダン大臣に委ねたいと思います。

頑張れゴーダン!!!

スポンサーリンク

2016年6月1日水曜日

本日2016年6月発表、南ア製造業PMI(中国製造業PMIも発表)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

世の中いろいろなニュースがありますが、北海道のしつけと称して山の中に7歳の子の置き去りし行方がわからないという事件は考えさせられますね。
大王的には大人が嘘を言うことの見苦しさと娘にまで嘘を言わせる父親のガキぶりに情けなさを感じざるおえません。
この状況で自己保身を考える余裕というか・・・・普通はありえないでしょう。
世間ではこの嘘のせいで、行方不明を悲しむより先に本当は親が虐待とかして最悪のことが起きてんのじゃないと疑惑のほうが大きくなっています。

大王がこの親の立場だったら、インタビューなど答える暇があれば現場か離れず這いつくばって血眼になって探していると思いますが・・・
とにかくお子さんが無事発見されるといいのです。切に願います。

昨日はランドの貿易収支が良い内容で発表されました。
発表直後は無反応だったのですが・・・

その後発表された米指標が悪くドルザーでドル売りが起き、ランド円ほう少し上げて来ています。

それで今日、これから中国指標がありますので念のためご注意ください。
10:00発表
中国製造業PMI
前回50.1  予想50.0

そして夕方ランド指標もあります。
18:00発表
南アフリカ製造業PMI
前回54.9  予想53.38

スポンサーリンク

2016年6月発表南ア製造業PMI

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

先ほど発表されたランド指標の速報です。
南アフリカ製造業PMI
前回54.9  予想53.38  結果51.9

ドルザー15分足チャート
スクリーンショット_060116_060335_PM
予想より悪い数字が発表されました。
ドルザーでランド売りで反応しています。
ちょっと悪い数字ですね。
格付け発表をいい流れで迎えたいのですが・・・

それから10時に発表された中国指標ですが・・
中国製造業PMI
前回50.1  予想50.0  結果50.1
こちらは少しですがいい数字が出ました。
チャート上ではほぼ反応していません。

戦士の皆様、運命の日まであと2日ですね。

スポンサーリンク