2018年5月29日火曜日

イタリア懸念!南アフリカランド急落・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


ランドが急落しています。

なんでもイタリア懸念の影響を受けているようです。

イタリア懸念というのは・・
簡単に言うと・・
イタリア国内で反ユーロの動きが高まっているようで・・

情報源 FXプライム byGMO(会員限定)

最悪の場合、再選挙が行われ・・
ユーロ離脱のムーブメントが加速するようです。


この影響で・・
リスク回避の動きが高まりランドが弱くなったと報道されています。

ヨーロッパタイムに入り・・
ランドが急落しています。

ZARJPY,USDZAR4時間足チャート

ドルザーでランドが売られ・・
ランド円が8.5円台まで下落しています。

イタリア懸念でランドが売られるとは・・
思ってもいなかったですね。

こらから10日に以内に・・
新内閣の信任投票が行われるそうです。
信任されなければ・・
また懸念が高まるようです。

この問題、これから市場を騒がせそうですね。
スポンサーリンク

2018年5月27日日曜日

S&P社!南アフリカ格付け「ジャンク」について見解発表

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

週末発表されたS&P社格付けの見解が出ていますので・・
速報、S&P社格付け!結果「据え置き」
お知らせします。

南アフリカ国債格付け「BB」(ジャンク債)
見通し「安定的」について

①南アフリカ経済成長
緩やかに回復するだろうが・・
政府負債がGDPの50%を超えることが懸念される。

②GDP予想
2018年一人当たり7200ドルと推定

③南アフリカ財務状況
依然として弱く巨額な負債(国営企業等の)を伴っている。

④土地補償無し回収
プロセスの展開を伝えるのは、時期尚早で・・
ANC政権の方針に懸念

⑤国営企業問題(ESKOM等)
見解無し・・

以上のような見解が示されました。


これに対し南アフリカ財務省が・・
S&P社に対し・・
格付けがジャンクから投資適格級に回復することは最優先事項であるとし・・
政府は国有企業の統治強化措置に取り組み・・
更に政策の不確実性、経済分野の競争力、財政安定のための措置を発表し・・
投資を促進する意思を示したそうです。

S&P社の今回の見解をみる限り・・
まだまだジャンク脱出には時間がかかりそうですね。

南アフリカの更なる上昇は・・
S&P社とフィッチ社のジャンク脱出に懸かっているかもしれませんね。

関連記事
なんとしてもムーディーズからジャンクを喰らってはいけない理由


世界各国 国債格付け一覧
ランクムーディーズS&Pフィッチ




1Aaaドイツ
スイス
AAAドイツ
スイス
ドイツ
スイス
2Aa1イギリスAA+米国
3Aa2韓国AAイギリス
韓国
イギリス
4Aa3AA-韓国
5A1日本
中国
A+日本
中国
中国
6A2A日本
7A3メキシコA-
8Baa1BBB+メキシコメキシコ
9Baa2インドBBB
10Baa3南アフリカBBB-インド
ロシア
インド
ロシア




11Ba1ロシアBB+キプロス南アフリカトルコキプロス
12Ba2ブラジルトルコBB南アフリカ
13Ba3キプロスBB-ブラジルトルコブラジル
14B1B+アルゼンチン
15B2アルゼンチンBギリシャギリシャ
アルゼンチン
エジプト
16B3ギリシャ
エジプト
B-エジプト
17Caa1CCC+
18Caa2CCC
19Caa3CCC-
20CaRD
21CD



スポンサーリンク

2018年5月26日土曜日

速報、S&P社格付け!結果「据え置き」

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


先ほど
S&P社の格付けが発表されました。


結果は据え置きです。

格付けBB 見通し 安定的

発表時間は5:30ぐらいのようです。

ZARJPY,USDZAR30分足チャート

発表時、反応はあまりなかったようですが・・
クローズ時に大きく陰線が出ているのは
理由は良く分かりません。
単なるスプレッド拡大でしょうか・・




スポンサーリンク

2018年5月25日金曜日

本日S&P社南アフリカ格付け発表(政策金利は据え置きでした)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


昨夜発表された・・
南アフリカ政策金利
結果は予想通り据え置きでした。
南アフリカ政策金利
前回6.50%  予想6.50% 結果6.50%

今回の発表時間は
22:17でした。


チャートのほうですが・・
ZARJPY,USDZAR1時間足チャート
ドルザーのほうは、あまり動きはなかったのですが・・
ランド円は・・
米朝首脳会談中止報道によるドル円下落の影響を受け
少し下落しています。

トランプ側からの中止ということですが・・
大王、個人的に・・
非常に残念です。

というのも・・
日本人拉致問題が少しでも進展し・・
横田夫妻を中心とする被害家族に・・
希望の光がほんの少しでも差し込んでくれるといいなと・・
思っていたのですが・・

これも水の泡となりそうです。
被害家族の気持ちを思うと・・
心が痛くなります。

なんとか・・
ほんの少しでも、いい方向に進んでくれるといいのですが・・

最後ですが・・
本日はS&P社の格付けが発表されます。
発表時間は未定で・・
大体、市場クローズ後が多いです。
ちなみ3月のムーディーズ格付け発表は6:39分頃で・・

11月のS&P社格付けは市場クローズ前で・・
この時はチャートが荒れています。

スポンサーリンク

2018年5月24日木曜日

本日、南アフリカ政策金利登場!注目の発表時間は・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

本日、注目の南アフリカ政策金利が発表されます。

注目の発表時間は未定になっていますが・・

大体、日本時間の22時過ぎぐらいに・・

発表されています。


ちなみに前回の・・
速報、南アフリカ3/28南ア中銀政策金利!予想通り利下げ敢行
政策金利発表時間は
22:16でした。

今日も恐らく・・
この時間帯になると思われます。
念のため21時ぐらいから構えておくのが・・
いいかもしれません。

そらから昨日の消費者物価指数に関することですが・・
予想に反しインフレ低下!明日の政策金利100%利上げはなさそうです。

アナリストが
原油の高騰で、今後、燃料価格が急騰する見解を示し・・
南アフリカインフレ率が・・
2018年、5.1%
2019年、5.5%・・
になると予想しています。

ただこの数字は・・
南アフリカ中銀の目標3~6%以内に収まっているので・・
心配する必要はなそうですね
スポンサーリンク

2018年5月23日水曜日

予想に反しインフレ低下!明日の政策金利100%利上げはなさそうです。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様


先ほど発表されたランド指標の結果です。

17:00南アフリカ4月消費者物価指数前年比
前回+3.8%  予想+4.7% 結果+4.5%


消費者物価指数(インフレ)のほうですが・・
付加価値税(VAT)引き上げで上昇するのではと・・・
VAT引き上げの対応は?
予想されていたのですが・・

なんと予想を下回りインフレを抑え・・
物価上昇を食い止めているようです。
※基本的に南アフリカにとってこの数字が低いことは・・
いいことになります。


ZARJPY,USDZAR1時間足チャート
この結果を受け
ドルザーでランドが買われ・・
ランド円もやや上昇しています。

この結果を見る限り・・
南アフリカ中銀は・・
利上げをする必要がなくなりました。

どちらかというと・・
利下げを検討する必要があるかもしれません。

明日の南アフリカ政策金利は・・
据え置き予想で・・・
消費者物価指数をみる限り利上げは100%ありません。

サプライズが起きるとすると・・
利下げですので・・
ないとは思いますが・・・
念のため注意していきたいです。



スポンサーリンク

2018年5月22日火曜日

市場懸念!S&P格付け前に土地補償無し問題・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

市場がランドを警戒しているようです。

なんとラマポーザ大統領が・・
S&P格付け発表前に・・

土地補償無し回収を憲法で可能にするという認識を示しました。

この問題は
市場からも警戒されている問題で・・
懸念される補償なし土地収用問題
南アフリカの懸念事項になっています。

こちらでは・・

S&P格付け前に土地問題が出て、ランドが弱くなったと報道されています。

ラマポーザ大統領、格付け発表前に・・
わざわざこんな発言しなくてもいいのに・・

タイミング的なものを考えてもらいたいですね・

S&P格付けに影響がなければ、いいのですが・・
スポンサーリンク

2018年5月19日土曜日

ランド下落で週末クローズ!(米中貿易戦争懸念が続く)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ランドが大きく下落し・・
週末クローズを迎えています。

この要因は・・
米国債の利回り上昇や・・
米中貿易戦争懸念がまた高まったことによるもののようで・・

市場のリスク回避の動きを受けランドが売られたようです。


米中貿易戦争懸念のほうは、まだ長引きそうな感じです。

トランプ大統領が中国に対し苛立ちの姿勢を見せる
チャートのほうを見てみますと・・
ZARJPY,USDZAR週足チャート

ドルザーのほうは・・
2018年2月に11.5をつけてからランド売りが続き
現在12.74付近まで上昇しています。
この感じだと・・
ドルザーの13ブレイクが現実のものとなりそうですね。
ランド円のほうは・・
9.28付近から8.64円台まで下落しています。

ドル円が110円付近として・・
ドルザーが13に達成すると・・
ランド円=110÷13=8.46円
になります。

こういう状況でランドは・・
来週、金曜にS&P社の格付けを迎え撃つことになります。
おそらく据え置きだと思うのですが・・
ちょっと心配になりますね。

スポンサーリンク

2018年5月17日木曜日

期待増!ラマポーザ大統領の1000億ドル計画に

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ラマポーザ大統領の1000億ドル計画を覚えておられるでしょうか?
ラマポーザ大統領!海外から資金調達

どうもこの計画が・・
期待されているようで・・

モルガンスタンレー社が・・
南アフリカランドの回復を見込み・・
現在の価格を割安と捉えているようです。

特に新興国通貨の危機が懸念されている中・・
トルコやロシアと比べると・・
南アフリカは有利とし・・

11月末にドルザー11.4まで回復すると・・
予想しているようです。

こういうニュースは嬉しいですね。

是非ラマポーザ大統領に・・
1000億ドル計画を成功させてもらいたいです。


スポンサーリンク

2018年5月16日水曜日

米利回り上昇で新興国通貨打撃!もちろんランドも売られています。

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

南アフリカランド大きく下落しています。
ZARJPY,USDZAR日足チャート

ドルザーでランドが2%ぐらい売り込まれています。
これを受け
ランド円は8.75円台まで下落しています。

この主な要因ですが・・

米利回りの上昇によるものが大きいようです。

米10年債の利回りは3%を超えてきています。

現在、南アフリカの政策金利が・・
6.5%ですから・・

この金利差を考えると・・
市場は・・
わざわざリスクのあるランドよりも・・
ドルを選びそうですね・

このドル選好ですが・・
ランドだけでなく・・
他の新興国、資源国でも起きているようです。

これだけドルの利回りが高くなると・・
ますますランドの魅力が減少しそうですね。

スポンサーリンク

2018年5月14日月曜日

ラマポーザ!ズマの残党狩り(住民暴動が起きた州を国家統治)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

以前こちらでお伝えした・・
マフィケング住民暴動は収束へ(マフマペロ州知事はズマ派の残党)
ノースウエスト州マフィケング住民暴動の対処として・・

ラマポーザ大統領が・・
マフマペロ知事に辞任を要求したところ・・
マフマペロ知事は拒否し許可なく休暇をとったため・・

南アフリカ憲法100条(1)を発動し・・
ノースウエスト州を180日間国家統制下に置くという・・
措置をとりました。

こういう州を国家が統治するというのは・・
初めてのことようです。

ラマポーザ大統領!強いですね。

着実にその手腕を発揮しているようです。

とにかく・・
これで、ズマの残党が一人減ることになりそうです。


スポンサーリンク

2018年5月12日土曜日

格付け会社懸念のSAA(南アフリカ航空)へ資金注入決定!

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

格付け会社から懸念されている・・
経営悪化で苦しんでいるSAA(南アフリカ航空・国営企業)へ・・

南アフリカ政府が50億ランドの資金供給を行うと・・
発表されました。


このSAAですが・・
前会長ミエニ氏(Dudu Myeni)はズマ前大統領の愛人だったようで・・
いろいろ不法なことを行っていた疑惑があるようで・・
現在追い込まれているようです。
Dudu Myeni: My Rights Have Been Violated All My Life
(私の人生に傷をつけた)

ちなみ、ネネ大臣は・・
このSAAの救済を巡り、ミエニ前会長に反発し・・
2015年12月にズマに更迭されたようです。
南アフリカランドを解任したい大王(ネネ大臣解任)

SAAの現会長ジュラナ氏(Jarana)は・・
市場からも信頼の厚い方で・・

SAA建て直しのため・・
精力的に取り組んでいるようで・・
コストカットのためSAA従業員1万人の削減を行おうとしています。

1万人の削減となると・・
労働組合といろいろやり合うことになりそうですが・・
ネネ大臣!賃上げ問題で格下げ懸念を表明
なんとか切り抜けて・・
頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

2018年5月11日金曜日

ランドようやく回復!ただしドル要因によるもののようです

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ようやくランドのほう・・
息を吹き返してきましたね。

要因ですが・・
昨日の米消費者物価指数が予想を下回り・・
インフレ加速の懸念後退により・・
ドル買いが収まったことによるようです。

それから・・
イラン制裁も半年の猶予があることで・・
市場も若干ですが安心を呼んでいるようです。


結局、今回のランド回復は・・
南アフリカの買い要因ではなく・・
ドルの売り要因によるもののようです。


なかなか買い要因がない中・・
昨日、ラマポーザ政権の運営が反映されつつある・・
南アフリカ指標が発表されました。

南アフリカ3月鉱業生産前年比 
前回3.1%   予想2.5%  結果-8.4%

南アフリカ3月製造業生産前年比
前回+0.6%  予想+1.0% 予想-1.3%

どちらも予想より悪いのですが・・
南アフリカの輸出総額の4割を占める鉱業が・・
ここまで悪いとなると・・
かなり痛いですね。

この数字は過去2年で最も悪い数字のようです。

こういう状況中・・
マンタシェ鉱業大臣が5月末までに
鉱業憲章Ⅲの交渉を締結させると約束したようで・・
南アフリカ裁判所!鉱業憲章裁判で政府不利な判決
こちらの問題が上手くまとまると・・
ランドの買い材料になりそうです。

それからゴールドマンサックス社が・・
南アフリカのGDPの見通しを引き上げる可能性を示唆したようです。

こちらに関しては是非・・
引きあげてもらいたいですね。



スポンサーリンク

2018年5月8日火曜日

ネネ大臣!賃上げ問題で格下げ懸念を表明

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

以前こちらでお伝えした・・
また困難が発生!ラマポーザ政権に賃上げ要求
南アフリカ賃上げ問題が・・
南アフリカの格付けに影響を及ぼす懸念になっているようです。

なんでも公務員組合が12%の賃上げを要求しているようで・・

この要求に関して・・
上手く調整がいかなければ・・

格下げの恐れがあると・・
ネネ大臣が懸念を表明しました。

現在ランドは低迷状況が続いています。
ZARJPY,USDZAR週足チャート

ドルザーがジワジワと13方向へ上昇し・・
ランド円は8.5円に近づきつつあります。

これから・・
賃上げ交渉をラマポーザがどう切り抜けるか非常に注目されそうです。

このことは・・
5月25日のS&P社格付にも影響が出るかもしれませんね。

スポンサーリンク

2018年5月5日土曜日

ギガバ大臣!グプタ家と癒着で、そろそろがクビに・・

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

週末にようやく南アフリカランドのほうが反転してくれましたね。

ランド円は下落が続き・・
一時8.5円台まで進みました。

反転理由は・・
南アフリカ要因ではなく。米ドル売りの影響が強いのでは・・
海外では報道されています。

それから南アフリカニュースで・・
前財務大臣、現内務大臣であるギガバ大臣が・・
財務大臣時代に87万ランドの公費を妻の旅行
(おそらくギガバ大臣公務の同伴費でしょうか)に使用したと・・
批判を浴びています。

国の財政が厳しいときに・・
国民からVATを引き上げた張本人が・・
市場好感!南アフリカランド急伸(ギガバ大臣予算)
87万ランド(日本円で750万円ぐらいでしょうか)も妻の旅費に費やす理由がどこにあるのかと・・
南アフリカ労働組合連合が指摘し非難しているようです。

さらにギガバ大臣は・・
グプタ家の南アフリカ帰化問題にも絡んでいるようで・・
こちらに関しても、いろいろ問つめられているようです。

グプタ家とはインド系大富豪で・・
グプタ氏はアパルトヘイト終了後の1990年代にインドから南アフリカに移住し
鉱山会社、投資会社、開発会社等々を持つ・・
南アフリカの大富豪一家で
ズマ前大統領と非常に親密な関係で・・
政府予算や人事に介入し・・
多額の利益の得たと疑惑をもたれている一族です。

ギガバ大臣はこの汚職のオンパレードであるグプタ家とも関係があるようで・・

こういう話が出る以上・・
彼の前途は多難となりそうですね。

しかし・・
なぜにラマポーザ大統領はギガバ大臣を・・
切り捨てなかったのか・・
南アフリカ予算に不穏な動き!(野党、ギガバ大臣解任要求)
ギガバ大臣がそろそろ退路を断たれそうです。(中国報復関税でランド下落)
この辺りの理由は非常に興味深いです。

とにかく・・
そろそろギガバ大臣のクビも飛ぶことになるかもしれませんね。
スポンサーリンク

2018年5月4日金曜日

ゴーダン大臣!国家捕獲(ズマ取り巻き集団)から奪われた資金を回収へ

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

昨日お伝えした国営企業ESKOM社の格付ですが・・
http://www.zarjp.com/2018/05/blog-post.html
格下げではなく・・
BB-(ジャンク)で現状維持だったそうです。
格下げとお知らせし申し訳ございませんでした。
記事ほうは訂正しております。

それからランド関係で
ゴーダン大臣情報が流れています。
ゴーダン大臣が・・
まず腐敗疑惑のある国営企業トランネット(鉄道・パイプライン輸送業)の・・
リンダ・マバソ会長及び他3名の役員の辞任に発表をしました。

この企業は国家捕獲(ステートキャプチャー)が関与する不正疑惑の持たれている会社です。(※国家捕獲・ズマの息のかかった取り巻き集団)
ズマの残党処理を取り組んでいるようです。

それからこの国家捕獲(ステートキャプチャー)が関与する腐敗によって・・
国営企業から奪取された資金を取り返すため・・

どれくらい資金が奪われたかを調べ・・
回収の方向でプロセスを進めるそうです。

ゴーダン大臣、いろいろ精力的に取り組んでいるようです。
この働き振りをみると・・
ズマが彼に恐怖を抱き解任したのもわからないでもありませんね。
ランド急落!ズマ大統領ANCトップ6とゴーダン大臣の進退を巡る会合








スポンサーリンク

2018年5月3日木曜日

南アフリカ輸出業打撃!米国が南アフリカの関税免除申請を却下

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

なかなかランド売り止まりませんね。


南アフリカ国営企業ESKOMの格付けが
BB-(ジャンク)で据え置かれました。

このESKOMは・・
南アフリカ財政における単一最大リスクとされるもので・・
南アフリカ財政の足を引っ張るESKOM社が!過剰雇用問題に着手
ゴーダン大臣が指揮をとって・・
改革しようとしているのですが、問題がまだまだあるようです。


それから・・
米による鉄鋼・アルミ関税は・・
南アフリカの免除申請が却下されました。

これにより南アフリカの輸出業は3億ドルぐらい痛手を受けると推測されて・・
南アフリカの製造業及び鉱業で雇用損失が大きくなると嘆きの声が出されています。

これでまたひとつ、ランドが売られる理由が増えた感じになりましたね。

関連記事
南アフリカの鉱物性生産品輸出割合
トランプ追加関税、南アフリカも影響を受けそうです。
スポンサーリンク

2018年5月2日水曜日

ランド円4か月ぶりの安値へ(次の南アフリカ格付け日程発表)

スポンサーリンク
ランド戦士の皆様

ランドの下落が止まりませんね。

ここところ下落は・・
米利上げ期待によるドル買いによるものですが・・
ランドを買う理由がないもあるようです。

ZARJPY,USDZAR週足チャート

ランドのほう売りが進み
ドルザー、ランド円ともに
2017年12月以来の4か月振りの高値(ドルザー)、安値(ランド円)まで進んでいます。
ドルザーですが・・
これから13が意識される展開となりそうですね。

ラマポーザ大統領誕生で・・
ある意味、買い材料出尽くし状態ですね。

これから買い材料になるとすれば・・・
S&P社、フィッチ社の格上げとかになりそうですね。

この格付ですが・・
S&P社が5月25日に南アフリカ格付けを発表する予定になっています。
こちらで・・
奇跡の格上げとか来ると面白そうですね。
関連記事
S&P社見解!ジャンクから脱出はまだ厳しい(南アフリカ政策金利、気になる発表時間は?)

最後ですが・・
今日はADP雇用統計・・・
そして米利上げを占うFOMCが登場します。
こちらのほう・・
動く可能性がありますので・・
ご注意されてください。
※日程はこちらです
南アフリカ週間見通し2018年5月第1週(米ビッグ指標3つ登場)



スポンサーリンク

外為どっとコム・タイアップ中

「地獄の日々」経由の新規口座開設+お取引で、もれなく「3,000円」キャッシュバック!