2018年はズマの余計な挨拶でスタート!(図太さに神経を疑います)

ランド戦士の皆様
あけましておめでとうございます。


今年もよろしくお願い申し上げます。


新しい年が始まったということで・・
ズマ大統領から挨拶が出ています。

なんとまだ退陣する気はないようで・・
市場から財政悪化になると懸念されている教育について

革命を始める!とやる気を出しているようです。

(Free higher education beginning of a skills revolution 
ズマ大統領、今年は教育の革命を始める!

しかし、ズマ大統領はマジに図太いですね。
ある意味、この図太さにはあこがれます。

年末に最高裁判所から裁かれはしませんでしたが、弾劾に向け一歩進んだわけですし・・
ANCからも退陣を求められているのに、この発言をするという。

この分だと・・
ラマポーザ氏は2月の南アフリカ予算で葛藤することになりそうですね。


振り返ると・・
昨年はズマ大統領に引っ掻き回されたようなランド相場でしたね。

ゴーダン大臣に解任よってランドが暴落し
2017年3月
速報!ゴーダン大臣解任確定!

これによって2つの格付け会社が即座に南アフリカをジャンクへ!
2017年4月
速報、南アフリカ!ジャンクに格下げ!S&P社予告なしの決行!
速報、フィッチ社南アフリカをジャンクに・・・

これによって
3つ目に格付け会社ムーディーズがジャンクに落としたら・・
南アフリカから資金の大流出がする恐れが生じています。

ただ予想外の展開で南アフリカはことごとくジャンクを回避し・・
2017年6月
速報、ムーディーズ南アフリカ格付け発表(ジャンクを逃れましたぁぁ!!!)

2017年8月
速報、ムーディーズ格付け発表!延期決定・・・

2017年11月
速報、ムーディーズ!ジャンク回避、南アフリカ格付け発表


この審判をムーディーズは今年2018年2月の南アフリカ予算後に発表すると・・
持ち越しという形になっています。
こちらがそのムーディーズの見解です。
ランド順調に回復!次の格付けも据え置きの可能性は十分にある

ムーディーズのこの審判は、ラマポーザが勝利したことで、ジャンクリスクが大きく後退しています。

2018年
市場はズマの早期退陣を期待するともに・・
ラマポーザのデビュー戦である2月の南アフリカ予算を見極めていこうというスタンスになりそうですね。




主要FX会社の南アフリカランド・スワップはこちら
主要5社南アフリカランド・スワップカウンター毎日更新